【邦題】絶対に絶対にでやりたい気持ち!

(‘A`) ンチャ!
ぅふ~ぅ~ う、う、う、うぅ~♪

さてさて、日本のグローバル化といいますか…
アレがアレですわね!

近頃の洋画や洋楽はそのまま英語表記、またはカタカナ表記されているものと思い込んでおりましたら~

ココ最近また「邦題化」されているものがあるようで、というお話し。

邦題ってあったよね

思えば昔「邦題」が当然でしたよね~。
「Norwegian Wood」 → 「ノルウェイの森」
「La Vie En Rose」 → 「愛の賛歌」

などなど。。。

で、コレ日本でもヒットした Taylor Swift の
「We are never ever getting back together」

には
「私たちは絶対に絶対にヨリを戻したりしない」
という正式な邦題がついているそうです。

いやー確かに!っていう訳だけど、すごいよね、曲名として。
「もう絶対に絶対に」
と、2回繰り返してるあたりが
「Never Ever 」
の部分を上手く表現していて
勉強になりました。

昔のおもしろ邦題シリーズ

昔はなんでこんな感じだったのか謎だけど、面白いのをピックアップしてみましたよ。

シンディーローパー

シンディーローパーの名曲
「Girls Just Want To Have Fun」

素直に行けば
「女の子はただ楽しみたいの」的な感じでしょうか…

正式な邦題は
「ハイスクールはダンステリア」

複雑ですね

映画でもこんなのありましたね
「It’s Complicated」

邦題
「恋するベーカリー」

「やりたい」を全面に押す

こちらも青春の思い出エアロスミス
「Sweet Emotion」

邦題は
「やりたい気持ち」

おまけの名作

「いらっしゃいませ」

「エアロスミス」
に聞こえる経堂駅前のコンビニの定員

(‘A`) ムラオコシクルスタンハンセーン♪

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中