仏にCASINOというスーパーが。

ネットのニュースをざざっとチェックしていると「カジノ」という文字が目に飛び込んで来てふとマウスを止め、詳細を読むを期待していたカジノネタとは全く関連の無い内容で驚いたっ

【タイ】仏小売り大手カジノは14日、傘下のタイ小売り大手ビッグCスーパーセンターを売却する方針を明らかにした。自社のベトナム事業の売却に向けたプロセスで、ビッグCの株式売却を打診されたとしている。カジノはビッグC株の58・6%を所有。

Newsclip.be

つまり、フランスにある小売り大手「カジノ」という名の会社が持っていたタイの小売りチェーンであるCスーパーセンターを売っぱらうというお話。

こちらが売られてしまう側のスーパー「ビッグC」いかにも東南アジアのスーパー

カジノという言葉が入っていると、それが良いニュースでも、違法な闇カジノ店摘発などというニュースでもついつい目がいってしまうのは職業病。

その殆どがカジノ関連株についてのニュースか摘発関係、またはマカオのカジノ売り上げ金額なんちゃらなどで、今日のニュースは完全に違っていて逆に新鮮!

この「カジノ」に買い物に行く場合、家族から「どこに行くの?」と聞かれ「ちょっとカジノまで」などというフランス人の会話が日常的に行われているのか? 少々気になり検索してみると大手小売りというだけあって日本語で解説しているサイトもワンサカある。

カジノは、カジノグループによって運営される1898年創業のスーパーです。パリには数は少なく、値段もやや高級思考のスーパーです。

キナリノ

軽く検索した限り日本では「カジノ」というショップやスーパーマーケットは見当たらなく、ラブホテルや喫茶店などであれば「ホテル カジノ」や「喫茶 カジノ」など存在するかもしれない?かも?

もし情報をお持ちの方がいたら是非コメントをお願いします。まってまーす!



コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中