007にも愛されたバカラ

週末にたまたま友人とみた映画「007 on her majesty’s secret service」(邦題:女王陛下の007)で、007では定番のカジノシーン!

よく見ればこれプントバンコ!アジアで大人気のカジノゲーム「バカラ」のルーツとも言われる「プントバンコ」この2つのゲームは、ほぼほぼ同じルールなのであります!

ジェームスボンドの越しのディーラーさん、手元にご注目。

木のへらの名はパレット

ディーラーさんが握っているのはPunto Banco (プントバンコ)やBaccarat(バカラ)で使われる木製の特大ヘラのようなもの、「パレット」と言うそうです。

絵の具を乗せるパレットと同じパレット。実は私、クラシックな映画でしかこのパレット見た事がありません。バカラ天国のマカオやシンガポールでも見かけないし、ヨーロッパのプントバンコテーブルでもみない。

今はもう使われていないのかもしれませんね。このパレットにカードを乗せてプレーヤーに渡したり、ゲームの後に回収したりするわけですが、その仕草が極端に美しいのであります。

Baccarat(バカラ)やPunto Banco(プントバンコ)で使われる木のヘラ「パレット」

パレットを器用にブンブン振り回してゲームを進めていくディーラーは、築地の競りを男前に仕切るおじさんのように見ているだけで気分のいいものなのであります。見た事ない方は映画でチェックしてみてくださいね!

007シリーズの中でも特別な一本

このパレットの動きも美しいカジノシーンが見れる「女王陛下の007」はオーストラリア出身の俳優ジョージ・レーゼンビーがボンド役を務めた唯一の一本であり、さらには、ボンドが結婚する唯一のストーリー!

と、見なきゃ嘘な特別感満載の一本なのです。映画を見たらさっさとカジノへ!バカラやプントバンコをエレガントにプレーしましょ。


コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中