シンガポールのおすすめレストラン5選【2022年】

コロナ前はちょいちょい頻繁に訪れていたシンガポール、およそ3年ぶりに行って来ました。今回はカジノやカンファレンスがメインではなく、基本は食い、飲み、飲み、食いが目的の旅

今回は私が実際に訪れて「ここはおすすめ!」と自信を持って言えるレストランだけを5軒ご紹介します。カジノといえばシンガポールだよな~というあなた!Covidの入国制限も緩和されたシンガポールへ行く際には是非お役立てください。

食のたまてばこ、シンガポール

アジアにおける食の中心は、勿論われらが日本ではありますが、国のサイズなどを考えるとシンガポールもかなりの高レベル。

2022年のミシュラン獲得レストラン数で比べた場合ですが、1位フランス(758店舗)、2位日本(544店舗)、その後ヨーロッパ勢が続き、9位が香港(103店舗)シンガポールはその次10位(59店舗)と、国のサイズや人口から比べてもかなりの貢献と言えるのではないでしょうか。

2022年版 ミシュラン星獲得レストラン数 トップ15

1 – フランス (758店舗)
2 – 日本 (544店舗)
3 – イタリア (432店舗)
4 – ドイツ (388店舗)
5 – スペイン (281店舗)
6 – アメリカ(239店舗)
7 – イギリス(200店舗)
8 – スイス(141店舗)
9 – 香港(103店舗)
10 – シンガポール(59店舗)
11 – 韓国(43店舗)
13 – タイ(37店舗)
14 – マカオ(26店舗)/ オーストリア(26店舗)
15 – 台湾(24店舗)

そんなシンガポールで食べて、飲んで、良かったよ!という私の個人的おすすめレストランをご紹介しますね!

シンガポールに行ったら、カジノで勝っても負けても、是非立ち寄ってみてください🍖🐟🍾

おすすめレストラン5選

今回はフレンチ、英国風のレストランなど、基本洋食のお店を5件ご紹介します。アジア、シンガポールのローカルフードは別の機会にまとめますので、そちらもお楽しみになさってくださいね!

🍽️ The English House Marco Pierre White 🇬🇧
🍽️ Atout 🇫🇷
🍽️ Nouri 🌎
🍽️ Claudine Restaurant 🇫🇷
🍽️ Atlas Bar 🌍

The English House by Marco Pierre White

イギリスの元祖スターシェフ、Marco Pierre White (マルコ ピエール ホワイト)さんのレストラン。イギリスの伝統的なメニューに、少しアジアなものも並びます。元祖スターシェフならでは、大胆な構成です。

イギリス、日曜の定番といえばサンデーロースト
チャイブにくるまれた子羊、グレイビーソースを吸う前のヨークシャープディングはこの後たっぷりソースを頂き食しました
前菜に頂いたツナのカルパッチョ、中トロ!奥にはスコッチエッグ。強烈な前菜の組み合わせです
雰囲気のいいエントランス、店内もイギリスとアジアがバランスよく融合!


かつてシンガポールはイギリスの植民地だったこともあってか、イギリスがらみのレストランや文化、電源プラグもイギリスと一緒。アジアにいながらイギリスを感じられるレストランで、サンデーローストをお楽しみください🍖

The English House by Marco Pierre White
ザ イングリッシュハウス バイ マルコ ピエール ホワイト

🍽️ 公式サイト https://www.theenglishhouse.com/
⏰営業時間
月~金 11:30 – 15:00 / 17:30 – 23:00
日祝日 11:00 – 15:00 / 17:30 – 23:00
※2022年10月時点の情報です

Atout

カジュアルなフレンチビストロ、Atout(アトゥ)は、中心地から少しだけ離れた丘の上、最近に人気のレストランやギャラリーが並ぶDempsey Hillエリアにあります。

二日酔いのランチは、まず牡蠣から。フランスの Fine de claire
こちらも個人的にフツカヨイの定番、オニオンスープ
旬のおすすめ、イチジクとブラッタチーズのサラダ
大好物のアーティチョークはオランデーゼソースで葉の付け根も食べます。私はコアより葉の方が好き。
最後はブランデーでファイアー!してくれるスフレ。プルっプル!

かしこまった雰囲気が苦手な方でも、肩の力をすっかり抜いて楽しめるカジュアルなビストロです。ゆったりと気軽に訪れてみてください、旬のメニューや、定番の美味しい気軽なフレンチを楽しめますよ!

パテやソースなどを購入できるデリも併設しているので、ホテルでの晩酌や、お土産にもピッタリだと思います。

Atout
アトゥ

🍽️ 公式サイト https://shop.atout.sg/
⏰営業時間
月~金 12:00 – 21:00
土祝日 10:30 – 21:00
日曜日 CLOSE
※2022年10月時点の情報です

Nouri

Nouri(ノウリ)は、「なになに系のお料理」とカテゴライズするのが難しい、とてもユニークで、味覚だけでなく他の感覚にもアプローチされるようなものを提供してくれるレストランで、2022年度版ミシュランで1つ星を獲得しています。

ブラジル出身のシェフは、一皿ひとさらにトリック?というような面白い趣向をこらし、また食材もとても楽しいコースを、ゆっくりと味わう事ができます。

小さいお皿が並ぶ最初のコース
エビの旨味を最大限にまでぶち込んだ一皿、エビの頭は中身をズルっとすすります
お肉から血を時間をかけて抜く作業をして、最後にまた血を合わせる? 脳が震えます。
シェフ自ら一品一品丁寧にサーブしてくれました。それぞれのコースの解説を聞くのもとても楽しい!
毎月変わるコースで、シンガポール在住の友人も月一で通っているとのこと

店内の雰囲気はミニマムモダン。オシャレジーンズでも入れるような雰囲気も魅力でした。

私が伺った時には、隣のテーブルにフードライターさんが一人できてらして、一皿一皿丁寧に説明を聞いては味わっている姿がとても印象的で、「食べる」という行為を今一度考えさせられるような素敵な体験でした。

席数が少な目(テーブルが6、カウンターに8人くらいな感じ)なので、シンガポールに行くなら前もっての予約をおすすめします📞

Nouri
ノウリ

🍽️ 公式サイト https://nouri.com.sg/
⏰営業時間
ランチ  金~日 12:00 – 14:30
ディナー 水~日 18:00 – 21:30
月・火     CLOSE
※2022年10月時点の情報です

Claudine Restaurant

Claudine (クロウディーン)は今回一番楽しみにしていたレストラン。Atoutと同様にDempsey Hill(デンプシー ヒル)に位置する、めちゃくちゃオシャレな一軒家は、ミシュラン3つ星レストランOdetteのスターシェフが運営する、とにかく人気のレストランです。

1930年代に建てられた教会をリノベーションしたというこの建物、一歩入るとそこは食のワンダーランド。

いちいちオシャレでもういやになっちゃう💛

今回は、これでもか!と様々なメニューをオーダーしたのですが、その中でもおすすめをご紹介します。

フレンチらしくフォアグラとナッツのテリーヌ、まずはここから
甘鯛のカルパッチョ、ハーブ使いにセンスが光ります、かなりさっぱり
贅沢魚介のブイヤベース、具材全ての火入れが完璧。次回行っても必ず食べたい一品、こちらは2人でシェアしても食べ切れないくらいのボリュームでした。
ワゴンで厳かに調合してくれるビーフタルタル、これもピカイチ!
お店オリジナルのポートワインをソムリエさんがご紹介
デザートはタピオカスープに浮かぶ🍎のソルベ、ココナツとハーブが香る

メインのキッチンはオープンになっているので、調理の様子も垣間見れるし、とにかくスタッフたちのサービスが素敵!お食事の流れや、タイミング、笑顔が可愛いマネジャーはお見送りまで完璧。お食事とサービス全てがハイレベルなレストランなのでした。

人気店の為、平日のランチでも一応予約をしておいた方がよさそうとの事でした📞

Claudine Restaurant
クローディン レストラン

🍽️ 公式サイト https://www.claudinerestaurant.com/
⏰営業時間
ランチ  水~日 11:45 – 14:00
ディナー 水~土 18:00 – 21:00
ディナー 日   18:00 – 20:00
月        CLOSE
※2022年10月時点の情報です

Atlas Bar

最後にご紹介するのは、ご存知の方も多いであろうAtlas(アトラス)です。シンガポールを代表するバーの1つであり、大人の遊び場という言葉がぴったり。アフタヌーンティーも有名な、「本物のお金持ちが遊びで作ったんでしょうよね」という空間はシンガポールに行ったらかなりの頻度でお勧めされる場所のひとつ。

世界中のGIN(ジン)を集めたというコレクションは、まるで辞書のような分厚いメニュー。
「見つからないジンは殆どないと思いますよ~ウフフ」
と素敵なバーテンダーさんが誇らしげに教えてくださいます。

大変人気のお店の為、予約必須でランチやアフタヌーンティーは滞在2時間までと時間制限が設定されています。とにかく映えるし、私が行った時もインフルエンサーぽい女子どもがせっせとポーズをとって撮影にいそしんでいました。私はそのころ昼から🍾でいい旅夢気分、うっふん。

この日もフツカヨイの為、まずはガスパチョからスタート
サイズ感もいい定番ロブスターロール
全てのカクテルがまさに「完璧」な仕上がり、勿論GIN以外も
アフタヌーンティも、かなりのボリュームとバラエティ
写真だと小さく見えるけど、実際は2階ぶち抜きくらいの高さがある圧巻のしつらえ

まるでバットマンのゴッサムシティを再現したかのような、それは荘厳で重厚な、ニューヨークの銀行にいるかのうような感覚を覚えるAtlas。お昼からオシャレして一杯飲むのもよし、夜にはドレスで立ち寄るのもよし、大人の遊びを是非お楽しみください🍸

オシャレなボトルに入ったカクテルや、オリジナルのGINも売ってるそうです。お土産にもいいかも!

ロゴ入りのカクテルグラス、素敵💛

Atlas Bar
アトラスバー

🍽️ 公式サイト https://www.atlasbar.sg/
⏰営業時間
火~木 12:00 – 24:00
金~土 12:00 – 26:00
日 予約のみ
月 CLOSE
※2022年10月時点の情報です
————
17:00からドレスコードあり、スマートカジュアル
男性はショーツ、サンダルNGとなりますのでご注意を。
————
🍸必ず予約する事をおすすめします🍸

まとめ

シンガポールのレストラン5選、いかがでしたでしょうか!少しでもお勧めポイントや、美味しい気持ちが伝わるといいなあぁと、唾液をためながら書きました。シンガポールに行く際にお役立て頂ければ嬉しいです!

近日シンガポールローカルフードや、アジア系のレストランを投稿する予定ですので、お楽しみに!🦀



コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中