キプロスでラーメン出前

だいぶ飲みすぎてしまった翌日。

朝からいくつかのオンラインミーティングをやって、気が付けば昼すぎ。このちょっとお酒も残ったけだるい体に、何を注入しようかとデリバリーアプリBoltFoodを開くと、目に入った新しいお店、それは

Operation Ramenというラーメン屋さんでした。

もくじ

🍜 リスクを承知で注文するラーメン
🍜 キプロスにおけるラーメンの価格
🍜 画像中心にラーメンを紹介
   麺とスープが別々に届く驚き
   3ユーロの冷たい白米
   気を取り直してラーメンに戻る
🍜 残念な2つのポイント
   1 スープがぬるい
   2 シナチクの代わりが人参
🍜 まとめ風


リスクを承知で注文するラーメン

オペレーション ラーメン、素敵なお名前




二日酔いの重い身体を引きずり
国境の長いトンネルを抜けると、ラーメン出前があった

🧠 キプロスで美味しいラーメンを、しかも出前で。
そんな旨い話しがあるわけないじゃないか

まっとうな人間なら、そんな事わかりきっているはず。

だってこの国の和食レベルは、まだまだ発展途上。10年前のロンドンやニューヨーク程度の再現度。NIGIRIがNEGIRIだったり、寿司といえば巻きものだらけ。

🤠 和食最高だぜぇ!俺ジャパン大好きだし、テレビはパナソニック!蕎麦もウナギも食べたことあるんだ!

というような方がゴロゴロ海岸に転がっているような国、それがキプロス共和国なのであります!

でも今日の私はフツカヨイ。(いつも)
判断能力が普段よりも、さらに欠如中。

🧠 やっちまえよ、YOU やっちまえよ。

そんな心の爆音に素直に従い、リスクを承知でラーメンの出前、オーダーしてみました。ぽちっとな。

キプロスにおけるラーメンの価格

サッポロ 醤油ラーメン €16.99
ジャパニーズ白米 €3.00
合計 €19.99

つまり日本円で ¥2,945

たっけー!

ここで金額の事を、あーだこーだ言いたい気持ちは満載ではありますが、そこを気にしていたら気分も落ちるし、そもそももう頼んでしまったので、お金の話しはオンカジの担当マネジャやアフィリエイトさんとする時の為にとっておきます🤺

画像中心にラーメンを紹介

マツコと約20分。
ピンポーン到着しましたラーメン様。

¥2,945 の出前が到着🚴
麺とスープが別々に!これは!これは!
麺と
スープが別々に!

麺とスープが別々に届く驚き

日本のデリバリーなら当たり前の光景でしょうけれども、ここキプロスではまるで未来からきた使者。そもそも「ラーメン」を頼んで「味のしないのびたウドン」が届くような地域性なのであります。

スープを合体して
チャーシュー
麺っ、ウドンじゃないわ!
スープ!いい感じじゃないか!

まず一口頂いて

これは!これはラーメンだわ!🍜

と、わたくし感動致しました。
美味しいか、とっても美味しいのか?と言われると
そこは微妙
です。でもでもでも

これは、間違いなくラーメンだわ!🍜

3ユーロの冷たい白米

ちょっと興奮しすぎてしまったので、一緒にオーダーした白米(€3)を頂きます。冷たい白米で頭を冷やそう。

折角なので、先日シンガポールのドンキホーテで購入したフリカケを用意。冷たい白米にまぶしてみよう。

シンガポールにはドンキがいっぱいあるよね
ちりめん山椒、おいしいよね!

気を取り直してラーメンに戻る

煮卵も入ってる
悪くない!

全般的に、予想を大きく覆して、十分ラーメン!しっかり完食しました。もう白米が冷たくたって、しっかりラーメンを食べれたし、麺も煮卵も悪くなかった!フツカヨイも治癒されてきた気がする!

残念な2つのポイント

丸っと完食しておいて、言うのもなんですが、残念なポイントが2つほどありました。

このブログを読んでくださっているあなたも、いつかキプロスでラーメンを出前する事があるかもしれませんからね(そんな人オンカジかFXで働く人くらいだわ)重要なポイントですので記しておきます!

1 スープがぬるい


スープがぬるいのは、海外のラーメンではよくある現象。ですので、もしあなたがキプロスでラーメンの出前をする際には、一旦スープをキンキンに温めてから頂く事をおすすめします。

2 シナチクの代わりが人参

アプリ内のサイトにあった写真には、シナチクらしい筍のようなものが写っていました。私はシナチクが結構好きなので、写真に写っているのを見た時は軽くケツが浮いたものです。

しかしながら、実際にトッピングされていたのは、細く切られた人参でした。 まあ海外ラーメンでは、こんなレベルじゃない事が山盛りなので、このぐらいは全く問題にならないかもしれませんが、

あなたがもしキプロスでラーメンを出前した時、もしかしたらシナチクの代わりに人参がトッピングされているかもしれない、という事を覚えておけば、びっくりシナクチいいかもしれません。

メニューの写真には、シナチクぽいの映ってるよね
シン・しなちく

まとめ風

今日は、キプロス人たちの本気と、ラーメンという概念が、ついに海や川や谷をこえて、こんな小さな島国までドンブラコやってきたんだな、という感動を覚えました。

やはり、たまにはリスクを冒して新しい事にチャレンジしなければ、美味しいラーメンも、カジノでの大勝も、素敵なデートも手に入らないって事。なんでしょうか、なんなんでしょうか。

それにしても円安だわね!


コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中